永久脱毛をしたら本当に永久に毛は生えない?

エステやクリニックで行う永久脱毛をすれば、一生ムダ毛に悩まされることはないと思っている方は多いのではないでしょうか。
「永久」という言葉からそのように感じるのは当然と言えば当然かもしれません。


しかし、永久脱毛をしても将来はまたムダ毛が生えてきてしまう可能性があるのが現実です。
というのも、永久脱毛とは、米国電気脱毛協会の定義によると「脱毛の施術後1カ月で毛の再生率が20%以下である」というものだからです。

永久脱毛のランキングの情報検索ができます。

エステやクリニックではこの定義に基づいて「永久脱毛」と言っているのです。

一般の方はほとんどこのことを知らないでしょう。

そのため、多くの方が「永久脱毛をすれば一生無毛の状態になる」というイメージを持っており、エステやクリニックの認識と異なっているという問題があります。
なぜ完全な無毛にできないかは発毛と脱毛の仕組みについて知る必要があります。
エステ・クリニックで行う脱毛は、レーザーなどの光によって毛穴の中の毛母細胞(発毛をつかさどる細胞)にダメージを与えるというものです。
ダメージを与えられた毛母細胞は、毛を作ることができなります。

しかし、完全に破壊しきれなかった毛母細胞は、時間がたつと再び毛を作り始めます。
つまり、無毛にするためには全ての毛母細胞を完全に破壊する必要があります。


しかし、それを行えるほどのレーザーは強すぎるため、毛母細胞だけでなく肌や毛穴のまわりにあるアポクリン腺などの組織も傷つけてしまう可能性が高くなります。肌を傷つけたり人間の生理機能を阻害するほどの施術を行うことはできません。

そのため、現在の脱毛は完全な無毛にできるとは言えないのです。


ただ脱毛の施術自体にはメリットがあります。

永久脱毛の比較情報ならこちらをご利用ください。

自己処理がほとんどいらなくなり、限りなく無毛に近い状態を作ることはできるからです。

このことを正しく理解して脱毛の施術を受けることが大切ではないでしょうか。

永久脱毛の口コミに関するお役立ち情報コーナーです。